ホワイトニングの種類

審美歯科で行われているホワイトニングには、主に3つの種類があります。その3つとは、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングです。オフィスホワイトニングは審美歯科で受ける治療で、効果に即効性があることが特徴です。歯に薬剤を塗り、光や熱を当てることで歯を白くする効果が得られます。治療時間は1時間から2時間程度で、4回くらい通院する必要があります。歯科医師による治療ですので、安全性が高いことも魅力です。

ホームホワイトニングは自宅でできる治療です。審美歯科でマウスピースを作り、専用トレーに薬剤と一緒に入れます。そのマウスピースを自宅で毎日1日2時間程度装着することで歯を白くすることができます。効果を実感するまでには2週間から3週間と長い時間が必要ですが、忙しくて通院できない人にはぴったりの治療法です。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した治療法です。通院での治療に加えて自宅での治療も行うため手間が掛かりますが、最も高いホワイトニングが期待できます。このように、ホワイトニングの方法はひとつではありません。審美歯科でホワイトニングをする際には、自分に合った治療方法を選択しましょう。

ホワイトニング

審美歯科で行われる治療の代表とも言えるのがホワイトニングです。ホワイトニングの方法はいくつかありますが、どれも歯を白くすることを目的として行われています。ホワイトニングと言えば芸能人を思い浮かべる人も多いかと思います。芸能人を見ても分かるように、ホワイトニングを行うことで相手に好印象を与えることができます。そのため、最近では多くの人がホワイトニングを行っています。歯の黄ばみや変色がコンプレックスになっている人は多く、人と話す際に自信を持てないこともあります。しかし、ホワイトニングを行うことで歯を白く綺麗にすることができ、自信をもって人と話すことができるようになります。

審美歯科でホワイトニング治療を受ける際、やはり最も気になるのが料金です。審美歯科の治療は保険適応外となるため、高い費用が掛かるイメージがあります。実際のホワイトニングの料金は、審美歯科によって大きく異なります。安いところだと1万円程度で治療を受けることが可能ですが、高いと20万円程度費用が必要になる審美歯科もあります。しかし、全国平均で見てみると、1万円から3万円程度となっています。ホワイトニングは少々費用が掛かりますが、美しい歯を手に入れることができる方法としてはたいへん効果的です。

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を美しくするための治療を行っている歯科です。簡単に説明すると審美歯科は歯のエステのようなものです。一般的な歯科は歯の機能性を重視して治療が行われており、審美歯科と一般的な歯科は大きく違うことが分かります。

一般的な歯科では基本的に保険治療が行われていますが、審美歯科では保険適応外の治療となります。そのため、高い費用が掛かってしまうことも審美歯科の特徴です。このように高い費用が掛かることから、以前までは芸能人やお金持ちのための歯科というイメージが強くありました。しかし、最近では接客業や営業職の人も多く審美歯科を利用しており、美しい歯に対する意識が高まっていることが伺えます。審美歯科で行われている主な治療は、ホワイトニング、ラミネートベニア、セラミックインレー、クラウン、ピーリング、オーラルケアなどがあります。ホワイトニングやラミネートベニアには歯を白くする効果があります。セラミックインレーやクラウンは、虫歯の治療をした歯にセラミックの被せものを被せる治療です。金属の詰め物と違って目立たないため、口を開けたときのデメリットをなくすことができます。ピーリングは歯茎の色を綺麗にする治療、オーラルケアは口内の洗浄です。

審美歯科で行われている治療は、どれも歯や歯茎を美しくするために行われています。歯の黄ばみや変色、歯並びなど歯の悩みを抱えている人は大勢います。そんな歯の悩みを解決することが、審美歯科の目的です。審美歯科の治療の中でも最もポピュラーなホワイトニングについて見ていきましょう。