ホワイトニングの種類

審美歯科で行われているホワイトニングには、主に3つの種類があります。その3つとは、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングです。オフィスホワイトニングは審美歯科で受ける治療で、効果に即効性があることが特徴です。歯に薬剤を塗り、光や熱を当てることで歯を白くする効果が得られます。治療時間は1時間から2時間程度で、4回くらい通院する必要があります。歯科医師による治療ですので、安全性が高いことも魅力です。

オフィスホワイトニング(スタンダードホワイトニング)
(中略)
歯の内側から白くするため、一回の施術で見違える白さになります。
1回約1時間で施術が終わるため、忙しく、定期的な通院が難しい方にもオススメです。

ホームホワイトニングは自宅でできる治療です。審美歯科でマウスピースを作り、専用トレーに薬剤と一緒に入れます。そのマウスピースを自宅で毎日1日2時間程度装着することで歯を白くすることができます。効果を実感するまでには2週間から3週間と長い時間が必要ですが、忙しくて通院できない人にはぴったりの治療法です。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した治療法です。通院での治療に加えて自宅での治療も行うため手間が掛かりますが、最も高いホワイトニングが期待できます。このように、ホワイトニングの方法はひとつではありません。審美歯科でホワイトニングをする際には、自分に合った治療方法を選択しましょう。